プロ直伝!ブライダルシェービングと背中ケアで、後ろ姿まで完璧な花嫁に

プロ直伝!ブライダルシェービングと背中ケアで、後ろ姿まで完璧な花嫁に

ヘアメイク
Updated: 2021-07-23
結婚式準備で忘れがちなシェービングについて、プロのヘアメイクアーティストが解説します。専門家に任せた方がいいポイントやセルフシェービングのコツを知って、細部や後ろ姿まで完璧な花嫁を目指しましょう。また普段は見えない背中のケアやボディメイクについてもお話するので、気になる方はチェックしてください。

ブライダルシェービングをした方がいい理由

結婚式前にはシェービング(お顔と体の要らない毛の処理)をしておくことがオススメ。まずはその理由についてお話します。

お顔のシェービングで透明感と化粧ノリがUP

目には見えにくい産毛でも実は肌の上で少し影になっています。細かい毛まで処理しておくとパッと明るく肌に透明感が出て、化粧ノリもよくなります。マスク生活で放置しがちなお顔の産毛。結婚式では忘れないように処理しましょう。

和装の方は要チェック!うなじのケアはプロに任せる

うなじはとても大事なポイント。お顔で例えるならアイメイクと同じくらい、うなじのケアは重要です。特に和装、着物を着る方はうなじで色気が出ます。処理は専門家にしてもらうのがオススメ。シェービングの専門店があるのでチェックしてみてください。

自宅でのシェービングのコツ

お顔のシェービングにも専門店がありますが、自宅で処理してもいいでしょう。できる限り結婚式の直前の方がいいので前日の夜などに行ってください。

セルフシェービングの際はお顔用の電気シェーバーを使ってください。男性用の髭剃りではないスティック状のシェーバーです。家電量販店などで手に入ります。お顔に沿って滑らせるだけで簡単に処理ができ、お肌に優しいのでオススメ。

剃刀などの本物の刃を当ててしまうと怪我をしてしまったり、肌の弱い人は赤くなってしまう事もあります。花嫁さんの大切な肌を傷つけないために、電気シェーバーを使いましょう。

シェービングする部分はお顔全体です。眉を整え、鼻の下はもちろん、おでこや頬、目の下の鼻筋のあたりにも毛穴があるので処理をします。まつ毛げを切らないように気を付けて軽く滑らせてください。

新郎のシェービングもチェックを

結婚式当日の朝、新郎が急いで髭を剃って血がでた!なんて事もよくあります。新郎は一番大きなアクセサリー(笑)なので綺麗に仕上がるよう注意してあげてくださいね。

髭が伸びるのが早く半日経つと青くなってくる方は自分のシェーバーを持っていくようにしてください。お色直しのタイミングで剃る事もできます。

指先、手元も重要

体のシェービングで剃り残しに注意したいのが指先などの手元。結婚式当日は指輪のアップの写真を撮るので、手元まで綺麗にしておいてくださいね。

背中は第二の顔

結婚式当日、背中にニキビができてしまった!背中の産毛の処理を忘れていた!というトラブルも。

ウェディングドレスは背中が空いているデザインが多いです。普段は洋服で隠れていて見えない「背中」ですが、ドレス姿においてはバックスタイルもとても重要。完璧なウェディングドレス姿を目指すためにも、是非「背中は第二の顔」と思って体のケアも頑張ってみましょう。

まずは背中の現状を知る

オススメはドレスフィッティングの際に後ろ姿の写真を撮ってもらうこと。ダイエットも同じですがドレスフィッティングから結婚式当日までは時間があるのでトラブルがあっても大丈夫。ニキビがある?毛が生えてる?自分では見ることのできない背中。まずは現状を確認した上でお手入れしていきましょう。

背中のお手入れは顔と同じように

背中は体の中心部分。皮脂が出やすくニキビができやすい場所です。特に夏場の汗をかく季節はこまめに汗を流しましょう。体のケアも基本的にはお顔と同じように行ってください。しっかり泡だてて優しく洗い、きちんとすすぐ事が大事です。ヘアトリートメントを上から流して背中に残ってしまいトラブルになることもあるので、すすぎ残しには注意してください。

お風呂上がりにはボディクリームでの保湿を忘れずに。既にニキビがたくさんできてしまっているという方は皮膚科にいくのもオススメ。ニキビ専用の化粧水スプレーなどもあり効果が期待できます。

場合によってはボディメイクも

ボディメイクはヘアメイクの料金に含まれている場合と、別料金の場合があります。ボディメイクをする場合は水性のファンデーションをドレスから出る素肌全体に塗ります。するとベールがかかったように色ムラが目立たなくなります。ブラジャーのラインの黒ずみが気になる方などにはオススメです。

ファンデーションではニキビまでは隠れないので、コンシーラーで消すこともあります。ボディの肌トラブルが気になる方はヘアメイクさんに確認してみてください。

タトゥーを隠したい方は式場のヘアメイクではなくアートメイクが必要になります。専門のお店があるので調べてみてくださいね。

生まれつきのアザを隠したいという方はまずはヘアメイクさんに相談してみてください。

この記事のまとめ

この記事では結婚式準備で忘れがちなシェービングと背中のケアのお話をしました。

まずは現状を把握することで早めからのケアができるといいですね。うなじはシェービングのプロに任せるのがオススメ。産毛の自己処理のポイントもお伝えしました。ボディの肌トラブルについて気になる方は、まずはヘアメイクさんに相談してみてください。

後ろ姿や指先まで綺麗な花嫁を目指しましょう!

presented by
ブライダルヘアメイクアップアーティスト
井上紗耶加
ヘアメイクシャワー所属。ブライダルヘアメイク歴は10年。バンタンキャリアスクールヘアメイクアップアーティスト科卒業。株式会社ポーラ化粧品にてスキンケア・化粧品知識を専門的に習得した後、ヘアメイク講師行に携わる。現在雑誌・TV・DM撮影、ブライダルを中心に活躍中。またネイリストとしても活躍しており、トータルでビューティーをサポートする。